背中ニキビ 原因 油 食生活

油が多すぎる

背中ニキビ発症原因 油 食生活

 

油が多すぎる食事は背中ニキビを作ります。
また、中性脂肪の増加にもなり肥満にも繋がりますので注意が必要です。

 

油が多すぎる食事には揚げ物の他にもインスタント食品や
外食、肉中心の食事にも関係がありますが、
皮脂を作る食べ物には、甘い物にも関係しています。

 

お肉の脂はニキビを悪化させます。
肉の脂は皮脂を分泌させるこてこて脂です。
逆に、魚の脂はサラサラ油になりますので、
肉中心の食生活よりも、魚中心の方が背中ニキビや
体のためにも望ましいでしょう。

 

そして、糖分と脂も密接に関係しているのです。
糖分は体内でエネルギーに変わりますが、エネルギーで消費できなかった
糖分は中性脂肪に変わります。

 

1日の糖分の摂取量は20gまでが適当だと言われています。
甘いお菓子だけでなく、ジュースや缶コーヒーにも多く糖分が
含まれていますので、極力控えましょう。

 

また、糖分だけでなく、アルコールや間違ったダイエットによっても
中性脂肪は作られてしまいます。

 

アルコールの摂り過ぎは中性脂肪を増加させます。
日本酒ならば2合、ビールなら大瓶1本が健康的な飲酒の適正な量といえるでしょう。

 

アルコールの飲み過ぎは、中性脂肪を作るだけでなく
肝臓のためにも良い事ではないので、たまには休館日を作るなどして体に気を遣いましょう。

 

さらに、間違ったダイエットは中性脂肪を増やします。
ダイエットをしているからと朝食を抜く方も少なくありませんが、
これによって、昼食で摂った脂肪をより吸収してしまう原因になります。
脂肪を蓄えるため、ダイエットの失敗にも繋がりますし、
ニキビを増やす原因になります。

 

油や食生活による中性脂肪は皮脂の過剰分泌を招きます。
背中は皮脂の分泌量が多く、産毛も太いために皮脂の排出が
しにくく、ロングヘアや洋服によっても通気性の悪い環境になりがちになり、
脂がたまりやすい場所です。

 

また、汗をかきやすい上に自分では見えない場所であることから
ついつい、掻いてしまったり、触ってしまって、ニキビを炎症させ易く
背中ニキビを酷くしてしまう直接の原因を作ってしまいます。

 

また、背中ニキビは炎症や化膿を繰り返すことから
背中ニキビは治りにくく、ニキビ痕になりやすい場所です。

 

そのため、油っこい食べ物や肉中心の食事、糖分の摂り過ぎ、
アルコールの飲み過ぎ、間違ったダイエットは
背中ニキビの原因になるばかりか、体に悪影響を与えるので
ニキビが出来る前に気を付けられることは気を付けて
背中ニキビを作らないようにしましょう。

油が多すぎる食事が背中ニキビの原因に!関連ページ

背中ニキビとシャワーの浴び方
背中ニキビの治し方を考える際に、根本的に考えなくてはいけないのが、なぜ背中ニキビが発症したのかという「発症原因」です。発症原因の一つでよくあげられるシャワーの浴び方についてご紹介致します。
背中ニキビとシャンプー・リンスの影響
背中ニキビの治し方を考える際に、根本的に考えなくてはいけないのが、なぜ背中ニキビが発症したのかという「発症原因」です。原因の一つでよくあげられるのがシャンプーとリンスと言われています。
背中ニキビは髪の毛が皮膚にあたると発症しやすい理由
背中ニキビの治し方を考える際注意しなくてはいけないのが髪の毛です。自分の髪の毛が背中ニキビを招くこともあるので要注意です。
背中ニキビと食生活の関係を探る
背中ニキビの治し方を考えるなら、普段の食生活も振り返ってみるのがお薦め。普段の食生活の中に隠された背中ニキビの原因を探ります。
背中ニキビとストレスの関係
背中ニキビの治し方を考える際にその原因である「ストレス」のことをしっかりと考えておかないといけません。背中ニキビはストレスが原因で発症することが多いとよく言われます。そんな背中ニキビとストレスの関係性をご紹介。
背中ニキビと肌の乾燥の関係
背中ニキビの治し方を考える際に注意すべきはお肌の乾燥です。乾燥の無いうるおいお肌こそ背中ニキビが発症しないお肌と言えます。背中ニキビと肌の乾燥の関係をご紹介。

TOP 背中ニキビの市販薬 背中ニキビの治し方 背中ニキビ跡を消す為に 各症状による治し方