背中ニキビ 赤ニキビ

発症初期症状 赤ニキビが発症した際は?

赤ニキビが発症した際の直し方についてご紹介をしていきます。

 

赤ニキビは白ニキビと黒ニキビが炎症して赤くなってしまいます。
ニキビの中でも重症の段階になります。

赤ニキビが出来る原因とは。

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビが悪化している時のニキビの事をこのように呼びます。
毛穴に詰まっているアクネ菌が皮膚組織へ刺激を与えて炎症を起こしてしまいます。

 

そのため、正しい治療をしないと赤みが残る、シミになる、
クレーターのような凸凹が出来るなどニキビ跡を作りやすい状態になります。

赤ニキビの治療の方法

赤ニキビにまで発展をしてしまうと、治りにくい状態にあります。
治療にも時間もかかり、自力での完治も難しいと言われているので
治療薬を使ったり、皮フ科への受診が適切な治療になります。

 

また、日常での治療としては、刺激を与えないこと、清潔に保つことです。
炎症を起こしている状態ですので刺激を与えることは危険です。

 

食事や生活習慣、紫外線やニキビを圧迫する行為など外的刺激を
極力与えないようにして、ニキビ跡を作らない努力も必要です。

 

食事に関しては、やはり糖分や脂っこい食事を控えて
野菜や和食を中心とした食生活で栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

生活習慣に関してもゴールデンタイム(午後10時〜午前2時)には
就寝をして、傷ついた肌の回復に努めると共に肌のターンオーバーが正常に行える環境にしましょう。

 

紫外線は肌に悪影響を与えます。
メラニンの生成をしますのでシミにもなりやすく皮膚組織を傷つけ肌の乾燥も招きます。

 

肌の乾燥はニキビの原因になります。
肌が乾燥をしていると肌は潤いを保つために皮脂を過剰に分泌させます。
皮脂の過剰な分泌はニキビに繋がります。

 

日ごろからきちんと紫外線対策をすること、
の乾燥を防ぎ紫外線に負けない肌作りとして肌の機能低下を防ぎましょう。

 

また、清潔を保つためについ何度も洗浄をしたりゴシゴシ洗いをしがちです。
優しく泡で洗浄をして、洗浄後には保湿をしっかり行いましょう。

 

赤ニキビはニキビが炎症している状態です。
痛みやかゆみが出てくるため、つい触りたくなることも多いですが
ニキビに触れる事で油分や汚れがさらにニキビに付着してしまい、
ニキビを更に悪化させる原因にもなりますし、潰したりすることでニキビ跡にもなります。

 

ニキビ跡が出来ると見た目にも良くない上に
綺麗に消すには大変な時間がかかり一生残る場合もあります。
赤ニキビは適切な治療と刺激を与えないことでニキビ跡になることを防ぎ、ニキビの改善をしましょう。

 

背中に赤ニキビが発症した場合は?関連ページ

背中に「白ニキビ」が発症した際は?
背中に白ニキビが発症した際はどうしたらよいのでしょうか?その原因と対策をご紹介いたします。
黒ニキビが背中に発症した場合
背中ニキビ対策で是非考えて頂きたいニキビの色。黒ニキビと呼ばれる色に変色していたら要注意。しっかりと背中ニキビを治してきれいな素肌を目指しましょう。
黄色ニキビが背中に発症した場合
背中ニキビ対策には背中ニキビの症状別に治し方を探っていくのがお薦めです。ニキビの症状でも特に重度な症状と言われる「黄色ニキビ」が発症した際にどうすればよいのか?しっかりと考えていきましょう。

TOP 背中ニキビの市販薬 背中ニキビの治し方 背中ニキビ跡を消す為に 各症状による治し方