背中ニキビ 治し方 黄色ニキビ

発症後期症状である黄色ニキビが発症した際は?

黄色ニキビとは、白ニキビのように見た目に薄い色をしているため、
白ニキビと間違えやすいのが特徴のニキビです。

 

ただ、白ニキビとの違いは皮脂が詰まってできた角栓ではなく、
膿が詰まっている“膿ニキビ”なのです。

黄色ニキビの原因とは。

黄色ニキビは“膿ニキビ”または“膿胞”とも呼ばれています。
この膿は白血球の死骸です。

 

白血球は細菌やウィルスを撃退する働きを持っており、
黄色ニキビの場合は、ニキビの原因菌であるアクネ菌を
排除するために戦った後の死骸になるという訳です。

 

黄色ニキビはニキビの周辺が赤くなり、
先端は黄色い膿がたまっているのでどうしても気になって触りたくなります。
さらに、メイクをしてもどうしても膿が目立ってしまう事から潰したくなるでしょう。

 

ただ、膿を無理やり出すとクレーターのような凸凹お肌の原因にもなります。
ニキビの一番怖いのはニキビ跡です。
潰すことでニキビ跡になるリスクはかなり高まるので触らないようにしましょう。

黄色ニキビの治療方法

黄色ニキビにおいても、刺激を与えずに肌を清潔に保ち
肌が健康になる環境を作ることが大切です。

 

とにかく、膿を取り出したくなるのが黄色ニキビの特徴です。
ただ、ニキビ跡を作ってしまう事になりかねないので
絶対に膿を無理やり出すのは止めましょう。

 

自然に裂けて膿は出てきます。
瘡蓋(かさぶた)になって剥がれ落ちるのを待ちましょう。

 

綺麗に黄色ニキビを治すには“潰さない”が必須です。

 

どうしても早く治すなら医療機関を受診する方がいいでしょう。
生活習慣や食生活などでも改善は出来ますが、
時間がかかりますし、黄色ニキビの場合にはつい潰し無くなります。
最悪の状態にしないためにも早めの受診も必要です。

 

医療機関を受診したとしても日頃のケアは大切になってきます。
肌を清潔に保ち、食生活や睡眠時間に気を配って
正常なターンオーバーが出来る健康な肌を作りましょう。

 

肌を清潔に保つには、泡で洗う事が必須です。
力を入れた摩擦を起こすことは肌に悪影響ですので
しっかり泡立てた泡で毛穴の汚れを除去しましょう。
また、洗浄後には保湿をきちんとして乾燥から肌を守りましょう。

 

食生活もニキビと密接に関係しています。
油っこい食事や甘いものは皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

睡眠時間は肌の回復にとても重要な時間です。
肌の再生も睡眠時に行われますので、夜更かしをせず、
午後10時〜午前2時までには就寝しましょう。

 

きちんとした生活は肌をストレスから守ります。
ニキビの出来にくい肌とストレスに負けない体づくりにも役立ちます。

黄色ニキビが背中に発症した場合関連ページ

背中に「白ニキビ」が発症した際は?
背中に白ニキビが発症した際はどうしたらよいのでしょうか?その原因と対策をご紹介いたします。
背中に赤ニキビが発症した場合は?
背中ニキビが背中に発症した際「赤ニキビ」と呼ばれる症状まで進行していたらどうするべきか?こちらで赤ニキビに関してお伝えしています。
黒ニキビが背中に発症した場合
背中ニキビ対策で是非考えて頂きたいニキビの色。黒ニキビと呼ばれる色に変色していたら要注意。しっかりと背中ニキビを治してきれいな素肌を目指しましょう。

TOP 背中ニキビの市販薬 背中ニキビの治し方 背中ニキビ跡を消す為に 各症状による治し方