背中ニキビ 予防 睡眠

背中ニキビ予防に大切な「睡眠」って?

背中ニキビ 予防 睡眠

 

睡眠は肌に悪影響を及ぼす。そう感じている方は少なくないと思います。
睡眠不足が続くと、化粧ノリが悪くなったり吹き出物が出たりと肌がボロボロになりますよね?
睡眠不足が肌の健康を損なうのはもちろんですがニキビの原因にもなります。

 

そもそも、お肌は様々な外的な刺激によってダメージを受けています。
紫外線に、エアコンによる乾燥など意識が無くても日常には肌にダメージを与える要因が沢山あるのです。

 

そして、そのダメージを回復させてくれる大切な時間が睡眠です。
睡眠によってダメージの回復させることも出来ますし癒しの時間でもあります。
睡眠時間が足りないという事はダメージを回復させる時間が足りないという事に繋がります。

 

肌の回復が万全でなければ肌の機能も衰えます。
肌機能が低下すると、肌本来の持つ保湿機能なども低下し、
乾燥から過剰に皮脂が分泌され毛穴が詰まりやすい状態にしてしまいます。

 

さらに、肌の再生能力も低下するため
古い角質の除去が出来ず、それが毛穴に詰まるとニキビを作ります。

 

また、睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因にもなります。
ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌も過剰になりニキビを増やす原因を作っています。

 

つまり、睡眠不足はニキビが出来やすい環境を招く要因になります。

どれくらい睡眠を取ればいいの?

十分に睡眠時間を取って肌機能を回復させたい。
ただ、たくさん寝ればいいというものでもないんです。
一般的に7時間〜8時間で十分だと言われています。

 

そして、睡眠には質も大切です。
睡眠は時間だけでなく質を考えるというのも大切です。

美肌や背中ニキビに良い睡眠とは?

人間はには体内時計というものがあります。
昼夜逆転した生活では
自律神経のバランスや成長ホルモンのバランスが乱れ、
十分な睡眠をとっていてもあまり良い睡眠だとは言えません。

 

午後10時〜午前2時の間に寝ると成長ホルモンの分泌が高まり
新陳代謝が促されることで美肌やニキビに効果的だと言われています。

 

そのため、夜更かしをしていると成長ホルモンの分泌が抑えられていしまい、
新陳代謝が悪くなって、ニキビや肌荒れを起こしやすいのです。

 

睡眠時間に注意しましょう。

 

そして、質の良い睡眠をとるために
寝る直前までパソコンやテレビを見るのは止めましょう。
光の刺激によって脳が活発になり寝つきを悪くします。

 

コーヒーや紅茶などカフェインの効果は6〜7時間持続しますので
就寝時間を考えた飲み方をしましょう。

 

さらに、昼間にも適度な運動を心がけると質の良い睡眠に繋がります。
就寝前のストレッチも効果的です。
就寝前にストレッチをすると血行が良くなり
疲労物質の乳酸が代謝され寝つきが良くなります。

 

質の良い睡眠と規則正しい生活が背中ニキビを改善させ、作りにくくします。

背中ニキビ予防には睡眠が大切!?関連ページ

背中ニキビを食生活から予防する為に
背中ニキビが発症しないようにあらかじめ予防をしておけば、肌荒れが起こらないので心配ありません!背中ニキビ発症原因の一つとして食生活を見直すことが大切ですので、しっかりと食生活を見直してみましょう。
背中ニキビをストレスから予防する為に
背中ニキビが発症しないようにあらかじめ予防をしておけば、肌荒れが起こらないので心配ありません!背中ニキビ発症原因の一つとして日々のストレスを見直すことが大切です。しっかりとストレス対策を見直してみましょう。
背中ニキビは服で予防できる!?
背中ニキビの発症を防ぐポイントとして「服」が関係しているのをご存知でしょうか?お手持ちの服が背中ニキビへどのような影響があるのか?しっかりと確認してみましょう。

TOP 背中ニキビの市販薬 背中ニキビの治し方 背中ニキビ跡を消す為に 各症状による治し方